車で回るセントマイケルズ・レイライン(9)新事実がわかってきたストーンヘンジ

いよいよ今回の旅のハイライトの一つストーンヘンジ(Stonehenge)です。セントマイケルズ・レイラインからは少し外れているとはいえ、あまりにも有名な巨石遺跡。絶対に見逃したくないので、旅の前半に予定を組み、9時半からという朝一番のビジット枠を、旅に出る前にサイトで予約していきました。 “車で回るセントマイケルズ・レイライン(9)新事実がわかってきたストーンヘンジ” の続きを読む

車で回るセントマイケルズ・レイライン(8)ウッドヘンジはライフの象徴?

ストーンヘンジの近く(約3.2km北東)には、ウッドヘンジと呼ばれる遺跡もあります。その名のごとく石の代わりに木の柱がサークル状に並んでいたと考えられる場所です。みつかったのは1925年と20世紀に入ってからですが、作られたのはストーンヘンジの巨石サークルとほぼ同時代の紀元前2500年頃。この日はまず朝一番にここに向かいました。 “車で回るセントマイケルズ・レイライン(8)ウッドヘンジはライフの象徴?” の続きを読む

車で回るセントマイケルズ・レイライン(6)アフィントンの白馬は巨大な地上絵

アフィントンの白馬

「アフィントンの白馬」(Uffington White Horse)は、石灰岩の丘陵地帯に書かれた地上絵(ヒルフィギュア)の一つです。イギリスには各地にいくつかのヒルフィギュアがありますが、中でも最も古く有名なもので、3000年前(青銅器時代)のものだといわれています。 “車で回るセントマイケルズ・レイライン(6)アフィントンの白馬は巨大な地上絵” の続きを読む