車で回るセントマイケルズ・レイライン(9)新事実がわかってきたストーンヘンジ

いよいよ今回の旅のハイライトの一つストーンヘンジ(Stonehenge)です。セントマイケルズ・レイラインからは少し外れているとはいえ、あまりにも有名な巨石遺跡。絶対に見逃したくないので、旅の前半に予定を組み、9時半からという朝一番のビジット枠を、旅に出る前にサイトで予約していきました。 “車で回るセントマイケルズ・レイライン(9)新事実がわかってきたストーンヘンジ” の続きを読む

車で回るセントマイケルズ・レイライン(8)ウッドヘンジはライフの象徴?

ストーンヘンジの近く(約3.2km北東)には、ウッドヘンジと呼ばれる遺跡もあります。その名のごとく石の代わりに木の柱がサークル状に並んでいたと考えられる場所です。みつかったのは1925年と20世紀に入ってからですが、作られたのはストーンヘンジの巨石サークルとほぼ同時代の紀元前2500年頃。この日はまず朝一番にここに向かいました。 “車で回るセントマイケルズ・レイライン(8)ウッドヘンジはライフの象徴?” の続きを読む

そもそも「大天使」って何よ?〜セント・マイケルは聖人じゃないの?

大天使ミカエル像

ヨーロッパのレイライン上などにある古代遺跡には、セント・マイケル(ミゲル/ミシェル/ミハエルなど呼び方は国や言語によって変化)にまつわるものがたくさんあります。セント・マイケル(Saint Michael)は、頭にSaint(聖)と付いているので聖人と勘違いし「キリスト教よりも古いレイラインになんで聖人がでてくるの?」と思うかもしれませんが、これは大きな誤解。 “そもそも「大天使」って何よ?〜セント・マイケルは聖人じゃないの?” の続きを読む